World Class Mergers & Acquisitions Since 1993
For Companies $5 Million to $100 Million+ in Revenue

03.5219.1310

Woodbridge International Closes Sale of Shift Marketing to A5 Capital

Woodbridge International, an innovative middle-market mergers and acquisitions firm, is pleased to announce the sale of its client, Ontario, Canada-based Shift Marketing Studio, Inc. to A5 Capital, an investment group also based in Ontario.

Founded in 2010, Shift Marketing Studio provides digital loyalty and conquest marketing programs to a client base of approximately 300 Canadian auto dealerships. The company improves dealerships’ bottom lines by engaging potential customers through discounts and promotional offers for pre-negotiated deals.

A5 Capital, located in Pickering, Ontario, is a private equity firm comprised of entrepreneurial, growth-oriented investors focused on acquiring and building successful businesses.

Woodbridge International Adds Investment Banker in Minneapolis Office

Woodbridge International, a global mergers and acquisitions firm, is pleased to welcome Don Keysser to its team of investment bankers. Don will be based in Woodbridge’s Minneapolis office, where he will focus on serving the M&A needs of the firm’s Midwestern clients.

Don has over 35 years of experience as an investment banker and business finance consultant, serving as Managing Director at Dain Rauscher, Senior Vice President and Principal at Miller & Schroeder Financial and as Principal of his own consulting firm. He has participated in over 250 transactions in his career. Don holds an MA in Urban Planning and an MBA in Finance, both from the University of Minnesota, and a doctorate degree in International Business. He is also an Associate Professor of Finance in the MBA program at Saint Mary’s University. Among other professional affiliations, Don is a member of the Alliance of Merger & Acquisition Advisors (and CM&AA certified), the Association of Corporate Growth and the American Council on Germany.

Woodbridge looks forward to working with Don to provide world-class mergers and acquisitions services to middle-market companies based in the Midwest.

Woodbridge InternationalがStrategic Building SolutionsとFirstService 間の買収契 約を締結

ミドルマーケットの吸収・合併仲介企業としてトップクラスを誇るWoodbridge Internationalは、同社のクライアントであるStrategic Building Solutions (SBS)の経営 支配権をColliers International (「Colliers」)が獲得したことをお知らせいたします。 Colliersは、FirstService Corporation (FSRV) (FSV.TO)の子会社です。

コネチカット州マディソンに本拠地を置くSBSは、北東地域でトップクラスのプ ロジェクトマネジメント企業です。SBSはブランド名を「Colliers International」に 一新し、Colliersの既存プロジェクトマネジメント能力の拡張はもちろん、クラス 最高のエネルギー持続性、コミッショニングおよび復コミッショニングに関する 専門知識を追加します。1996年に創業したSBSですが、現在では10億ドル規模の プロジェクトを管理するまでに成長し、同社のコミッショニング/エネルギーサ ービスグループでは、総面積1,000万平方フィートの LEED(R)認証スペースを管 理しています。

「当社は、絶えず変化するお客様のニーズを満たすことを目的として、動きの激 しいファシリティ環境の最前線に立つため、常に進化し続けています。Colliersと の経営統合によって、当社はお客様にご提供するサービス、マーケット、専門知 識を拡張できます。Colliers Internationalほどの知名度を誇る企業と提携し、当社 の未来に資産を保持することは、大変喜ばしいことなのです」と語るのは、 FirstServiceの買収発表でSBSの代表を務めたJon Winikur氏です。

また、Winikur氏は次のようにも発言しています。「Woodbridgeが買収プロセス全 体に提供してくれた助言や専門知識については、SBSの他の代表者と同様、私も 非常に満足しています。私たちのWoodbridge担当者は、当社のビジネスと買収目 標を熟知し、買収プロセス全体を通して効率的かつプロフェッショナルなやり方 で私たちを導いてくれました。今回の買収は、練りに練られた計画のクライマッ クスでした」

ウッドブリッジ・インターナショナル、メキシコ事業拡大に向けメキシコシティー支社を開設。

ミドルマーケット企業のM&Aを支援する大手企業であるウッドブリッジ・インターナショナルは、メキシコシティーに支社を開設したことを発表します。メキシコシティー支社は、メキシコ、モンテレイにあるウッドブリッジの支社と共に、メキシコにおける同社の事業を強化します。

現在上級M&AアドバイザーJorge Colin氏がウッドブリッジのモンテレイ支社の運営を行っており、上級M&AアドバイザーGabriela Castell-Blanch氏およびDavid Rivas氏が新しいメキシコシティー支社の運営にあたる予定です。

David Rivas氏の商業銀行業務や投資銀行業務での経歴は、Mexicoを拠点とするウッドブリッジの売手、買手の皆様にとってメリットとなります。同氏は、11年間、メキシコ外国貿易銀行に勤務し、投資銀行業務部で、融資と株式投資業務に従事していました。その後、投資銀行業務を専門とする企業の共同経営者として、未公開株式、M&A、融資業務に従事していた経験を持っています。業界での実績は、物流と流通、小売、農工業、サービス、観光、医療、通信、公共部門など、多岐にわたります。また、メキシコ国立自治大学で機械/電気工学を専攻し、メキシコ自治工科大学でMBAを取得されています。

就職して間もない頃、Gabriela Castell-Blanch氏は、貿易金融業務に従事し、メキシコ外国貿易銀行(Bancomex)で、開発銀行と営利団体との関係に関する責任を担っていました。ウッドブリッジに入社以前は、投資銀行業務を専門とする企業において、M&A担当社員として、取引交渉、評価、デュー・デリジェンス(適正評価)、決算資料の作成などの業務を行っていました。モンテレイ工科大学で国際取引を専攻し、学位を取得されています。また、メキシコ国立自治大学で金融学修士を取得されています。

Woodbridge International社がUniversal社の買収に成功

ミドルマーケットの取引に特化したグローバルな合併・買収仲介企業である Woodbridge Internationalは、同社のクライアントでニューヨークを拠点にした調査データ収集サービスの提供業者であるUniversal Survey & SurveyHealthCare社へのBoathouse Capitalの出資をお知らせいたします。

Universal Survey & SurveyHealthCareは多岐にわたるマーケットリサーチ企業、
PR/通信会社、経営コンサルティング企業、ビッグデータ企業、その他様々なユーザーにカスタム調査ソリューションを提供しています。

Boathouse Capitalはフィラデルフィアを拠点とした未公開株式投資会社であり、
2つの別々のファンドで3億5千万ドルを超える資金を管理しています。同社は通常、下位のミドルマーケット事業に500万ドル~2,500万ドルのメザニン債務および普通株を投資しています。

最近の発表の中で、Boathouse Capitalの共同経営者であるChong Mouaは次のように述べています。「Universal Survey & SurveyHealthCareは急成長の只中で経験豊かなマネジメントチームと提携する素晴らしい機会を体現しています。Keith Strassberg、Mike Lefkowitz、Jerry Arbittierの3名が会社を今後の成長に導く見事な仕事をしてくれました。」

Keith Strassbergは次のように述べています。「Boathouse Capitalと提携し、市場における当社の事業領域を拡張できることに非常に喜びを感じています。継続したデューデリジェンスと創造性によって、当社が新たな高みに達し、世界的な顧客基盤を拡大できると確信しています。」

Woodbridge Internationalがフランスにオフィスを開設します

ミドルマーケットの取引に特化したグローバルなM&A仲介企業であるWoodbridge Internationalは、Woodbridgeのリヨン(フランス)オフィスを率いる新しいシニアM&AアドバイザーとしてSophie Sauvage氏をお迎えすることになりました。

Woodbridge入社以前、SophieはフランスのデジタルエンターテイメントグループであるDigital Virgoで開発部部長を務め、M&A業務と同社の買収業務の統合を担当していました。Sophieはフランス、その他のヨーロッパ諸国および南米の企業に関わる非常に多くの取引を成功させてきました。それ以前には、Deloitteのコーポレート・ファイナンス部門に勤務しており、そこでは売り手側および買い手側の取引、評価およびデューディリジェンスの調整に力を注いでいました。SophieはHEC経営大学院で国際ビジネス専門の経営学の修士号を取得しています。

Woodbridgeはヨーロッパの業務領域を拡大できることを楽しみにしています。そして、Sophieが当社の成長する国際チームの一員となることを嬉しく思っています。Sophieは、フランスおよびその他のフランス語圏の国々に拠点を置くミドルマーケットの売り手および買い手の皆さんの支援をしていきます。

Woodbridge International フロリダにオフィスを開設

ミドルマーケット企業に特化した先導的なM&A仲介企業である Woodbridge Internationalは、フロリダ州ジャクソンビルに新しくオフィスを開設することをご報告させていただきます。フロリダオフィスはWoodbridgeのシニアM&Aアドバイザーであるロイ・サットンが責任者となります。

ロイ・D・サットンlll世は20年以上に及ぶ企業のP&Lおよびセールスマネジメント、インベストメントバンキングおよびコーポレート・ファイナンスの実績を生かし、Woodbridgeのクライアントを支援しています。Woodbridgeに入社する以前は、Union Bankにて営利的貸し手として勤務していたほか、複数の国内事業にて経営者/共同経営者としてCFO、COO&EVPなどの役職に就いていました。ロイはこれまでに主導者または進行係として100以上の取引を敢行。その経験を基に、起業家および中堅企業経営者を対象に金融および運営に関するアドバイスを提供し、企業価値を最大限に拡張する戦略を支援しています。

Woodbridgeはフロリダに拠点を構えるお客様、またフロリダ近隣のお客様により良いサービスを提供できることを光栄に思います。また、企業の買い手および売り手の皆さんに対するロイの経験、情熱、そして貢献を歓迎します。

ウッドブリッジ インターナショナルが Norton Corrosion の売却を成約

グローバルミドルマーケットM&Aである企業のウッドブリッジインターナショナルは、クライアントでカソード防食 (CP) システム、腐食制御製品、エンジニアリ
ングサービスのトッププロバイダーである Norton Corrosion Limited の買収を発表
させていただきます。ワシントン州ウッジンビルにある Norton Corrosion の製品
は発電、その他パイプライン/ユーティリティ、南北アメリカ、中東やアジアの海岸やオフショアの海洋施設に使用されています。

Norton Corrosion は、テキサスのヒューストンに本社を置くHeath Consultants Incorporated の子会社であるHeath Acquisition Company, LLC によって購入されま
した。Heathは1933年に創立された株式非公開企業であり、天然ガスリーク検出サービスに注力しています。元々注力していたリーク検出サービスに加えて、現在 Heathはさまざまなユーティリティ市場に幅広い製品やサービスを提供するトップサービスプロバイダーでありメーカーです。

Norton Corrosion はDC電流と過酷な環境から埋設や水中の金属構造 (パイプ
ライン、貯蔵タンク、冷却水および海洋構造) を保護するために一般的に使用
される専用アノードを利用するアクティブおよびパッシブの CPシステムに特化
しています。この企業の製品は、特に天然ガス、石油、水上輸送に使用される
パイプラインのメンテナンスに適しています。

Heathの社長である Carolyn Heath Haag は「Norton は私たちにとって、買収に適
した対象です。Heath はリーク検出などのサービスに加えて防食や修復サービスを
提供することができるようになります。」と語っています。

この取引は、ウッドブリッジのサクラメントオフィス (カリフォルニア) のシニア
M&AアドバイザーNey Grantによって手配されました。