クローズ

Mario Maestroni

ディレクター

トリノ・ポリテクニック大学で電子工学理学修士号取得。イタリア、アメリカ、ユーゴスラビア、極東のハイテク企業で統合された業務経験。1967年~1984年オリベッティ/ブル、ゼネラル・エレクトリック、ハネウェル情報システム勤務。1985 年から1993 年まで、ボローニャのSASIB(CIR グループ)でビジネス開発とM&Aを扱うディレクター、1994年から 1997年はGeneral Railway Signalling, Rochester(ニューヨーク— アメリカ)の社長およびマネージングディレクター。またSASIB Railway Division のマネージングディレクター、紙パッケージ企業の PLV、シンガポールの経営コンサルティング会社Conceive Asiaのディレクターを務める。2004年~2011 年、自動車部品の大手製造会社でマネージングディレクター。2011 年から現在、カブール・コーポレート・ファイナンスのアソシエイトパートナー。